【最新刊】普賢 佳人

普賢 佳人

1冊

著:石川淳

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中世フランスの女流詩人の伝記を書く主人公〈わたし〉。友人庵文蔵、非合法の運動をする文蔵の妹ユカリ――日常の様々な事件に捲込まれ、その只中に身を置く〈わたし〉の現実を、饒舌自在に描く芥川賞受賞作「普賢」のほか処女作「佳人」、「貧窮問答」など。和漢洋の比類ない学識と絶妙の文体、鋭い批評眼で知られた石川淳の文学原理を鮮明に表出する初期作品群4篇。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/13
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/05Posted by ブクログ

      佳人◆貧窮問答◆葦手◆普賢(芥川賞)

      第4回芥川賞
      著者:石川淳、1899台東区-1987、作家、東京外国語大学仏語科卒
      解説:立石伯、1941鳥取県出身、文芸評論家、法政大学→同大学院、法大文学部...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/10/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/11/14Posted by ブクログ

      うーん、わからない。一体何の話なのか、全くの力不足でした。読みづらいし、使い慣れない漢字を使っているしで、何度も挫折しそうになった。
      ただ時折ハッとするような表現や展開があって、もう少し読解力をつけて...

      続きを読む
    開く

    セーフモード