深夜の赤信号は渡ってもいいか? : いま使える哲学スキル

著:富増章成

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    哲学は何にでも使えるツール。日常レベルの疑問や悩みもこれでOK。――哲学は問題解決のツールとなった!人っ子一人いない深夜の赤信号を前にしたとき、「渡ってしまおうか」「いや、渡らずに待つべきか」と一瞬ためらったことがある人は多いでしょう。私たちがためらうのは、なぜでしょうか。異なる考え方のどちらを優先してよいか判断に迷うからではないでしょうか。それを考えるとき、役に立つのが哲学です。哲学とは「生き方を考えるもの」という思い込みをしていませんか。それは哲学の一部にしかすぎません。哲学は「何についても考えることができる思考の技術(スキル)」なのです。いわば思考の“万能ナイフ”で、とても便利なツールなのです。世の中何が正しくて、何が間違っているのか、どう判断したらいいのか、人の悩みは尽きません。でも、哲学を使えば、どんなときもウソはいけないか、わずらわしい人間関係をどうすればいいか、全体のため一部を犠牲にしていいかなど、身近な悩みから現代社会への疑問まで、さまざまな問題に応用して使えます。人間が過去2500年以上にわたって考え抜いてきたさまざまなものの見方・思考法を学ぶことで判断力、問題解決力もアップします!

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/05/12Posted by ブクログ

      哲学を分かりやすく教えてくれる楽しい本である。
      ・深夜の赤信号は渡るべきか待つべきか?
      ・どんなときもウソをついてはいけないか?
      ・ゴミの分別はきっちり守るべきか、適当でいいか?
      など、ぜひ答えを知り...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/10/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2012/05/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000207591","price":"1320"}]

    セーフモード