【最新刊】十字を切る

十字を切る

著:晴佐久昌英

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    キリスト者は祈るとき、まず、「父と子と聖霊のみ名によって。アーメン」と言いながら十字を切ります。右手を出し、「父と」で額を、「子と」で胸を、「聖霊の」で左肩を、「み名によって」で右肩に触れ、「アーメン」で胸の前で手をあわせます。さまざまな祈りのはじめと終わりに必ず唱える十字の祈り。最も簡単で短い祈りですが、最も力強く、内容はキリスト教の本質を表しています。「十字の祈りとは」「十字の切り方」の入門から入り、「十字を切るのはこんなとき」で生活の中で十字を切る場面を説明します。晴佐久神父の導きにゆだねて、「十字の祈り」がもつ神秘の世界に深く入っていきましょう。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/20

    レビュー

    • 2018/06/24Posted by ブクログ

      潔い表紙が素敵だと思っていたら、晴佐久神父の本の装丁は皆菊池信義さんだった。困難なとき、病気のときこそ十字を切って神の愛を感じるとき。哲学的な面もある内容だったが、三位一体の説明がわかりやすくも大胆だ...

      続きを読む
    • 2013/08/29Posted by ブクログ

      ショッピングモールで読みながら泣いた。

      私が十字を切るのではなく神によって切らされている。

      子のすべてを愛し抜く親の姿が「父」という。

      説明でなくて十字架に一切の完成がある。

    • 2014/01/24Posted by ブクログ

      私の十字の切り方はヘンだったらしく、神父さまに後で教えていただいたのですが、それでもやはりヘンなようでした。この本を読んで目から鱗です。
      実際の親子関係、雷というわかりやすいたとえ話で、三位一体という...

      続きを読む

    セーフモード