怪物商人 大倉喜八郎伝

著:江上剛

1,399円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

    排日運動が高まる中にあっても、蒋介石、張作霖、段祺瑞ら中国の要人から、その死を悼まれた日本人がいた!「俺には、進むべき道が、間違いなく見えている。俺は、時代に食らいつき、食い破り、日本一の商人になる。きっとなってやる」明治・大正の実業家として名を轟かせた大倉喜八郎。大成建設、帝国ホテル、東京経済大学、中国の本渓鋼鉄公司など、彼が設立・経営に関与した企業は数知れない。しかし、一代で財閥を築き上げた「世にも稀なる商傑」と讃えられる一方で、「死の商人」と揶揄され、彼は決して正当な評価を受けていない――。薩長閥が幅を利かせる時代。コネもカネもない大倉喜八郎は、世に出るために、リスクを恐れず、どんな仕事も喜んで引き受けていく。そして、革命をめざす孫文を陰ながら支援し、中国に多額の投資を行って、その発展のために援助を惜しまなかった。今だからこそ知ってほしい大倉喜八郎の生涯に光を当てた、著者渾身の長編小説。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/19Posted by ブクログ

      現 大成建設の創業者大倉喜八郎氏の創業記です。岩崎弥太郎や渋沢栄一、安田善次郎なども登場して明治維新から昭和へ新しい時代の幕開けを演じた一人です。この時代すごい実業家がたくさんいました。

    • 2014/03/29Posted by ブクログ

      明治の豪商、「大倉喜八郎」の一代記です。

      これまでに、
      決して、高い評価を得ることはなく…、
      むしろ、明治の成金の代名詞ともされる、
      大倉財閥の創始者、大倉喜八郎ですが…、

      とは言え…、
      エリート...

      続きを読む
    • 2013/11/25Posted by ブクログ

      とんでもない豪胆な商人がいた。
      三井、三菱など現在にも残る大財閥は、創業者個人の名前ではなく、組織、会社として手堅い商売を行うことによって、着実に巨大な会社を作り上げた。
      鹿鳴館、帝国ホテル、帝国劇場...

      続きを読む
    開く

    セーフモード