【最新刊】高橋克彦自選短編集 1 ミステリー編

高橋克彦自選短編集 1

高橋克彦

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    だれの心にも、鬼がいる。大胆不敵なトリックが冴える短編ミステリーの逸品集。かつて「衛生博覧会」と呼ばれる見世物が人気を博していた。疾病模型や死体写真が陳列されるなか、私は精巧な美少年の鑞人形に目を奪われた。だがそれには、驚愕の秘密が隠されていた(「悪魔のトリル」)。現代日本屈指のエンターテインメント作家の傑作短編集。(講談社文庫)

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/13
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 高橋克彦自選短編集 1 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      高橋克彦自選短編集 1 全 1 巻

      1,100円(税込)
      11pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 高橋克彦自選短編...2011/09/04Posted by ブクログ

      ミステリーを主題とした短編集。ほとんどの作品が著者の生まれ育った盛岡を舞台としており、時折挿入される故郷の美しい街並みや自然の描写が心を落ち着かせる。が、「遠い記憶」はのどかな地方都市の物語だが、驚愕...

      続きを読む
    • 高橋克彦自選短編...2010/11/25Posted by ブクログ

      「記憶」シリーズから2作、「ドールズ」シリーズから2作、
      塔馬双太郎シリーズから3作、そして「竜の柩」に繋がる1作、を含む
      13作品が凝縮された贅沢な1冊。
      …なのに1年積ん読ってどういうことよ、私。...

      続きを読む
    • 高橋克彦自選短編...2012/06/12Posted by ブクログ

      数編を除き既読だが内容は殆ど覚えていなかった。読んで人生が変わったり感動の涙を流す類の話ではない。練達のエンタテイメント職人が自選した短編集。普通、どんな傑作でも途中でだれたり集中度を欠いて読む速度が...

      続きを読む
    開く

    セーフモード