ブラフマンの埋葬

小川洋子

378円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    ある出版社の社長の遺言によって、あらゆる種類の創作活動に励む芸術家に仕事場を提供している〈創作者の家〉。その家の世話をする僕の元にブラフマンはやってきた――。サンスクリット語で「謎」を意味する名前を与えられた、愛すべき生き物と触れ合い、見守りつづけたひと夏の物語。(講談社文庫)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード