あぁ、監督 ――名将、奇将、珍将

著者:野村克也

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    監督の器とは何か?WBC問題に端を発した監督選考。リーダーの資質と条件を徹底分析する前代未聞の監督論。全球団の監督を敵将が徹底評論する!

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    29
    5
    4
    4
    14
    3
    8
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/13Posted by ブクログ

      監督は選手に信じさせなければならない
      蔭山監督、鶴岡監督の後任
      鶴岡監督が一目置く人物
      就任4日目で亡くなった
      監督してのプレッシャーはすごい
      名参謀は名監督になれない
      野球に詳しくても監督はできない...

      続きを読む
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      プロ野球の試合は、監督が手駒(選手)を使って戦っているもんだと考えている。ということは、チームの弱い強いは、ひとえに監督の能力というか器にかかってるんだろうな。

      さて、プロ野球の監督とはなんぞや。優...

      続きを読む
    • 2018/11/18Posted by ブクログ

      野村ジャパンを見てみたかった。
      この本を読んでさらにその思いを強くした。

      揺るぎない野球理論とそれを表現する言葉。
      野村監督はそれを持っているから、著作を
      読んでもテレビ解説を聴いても、いち...

      続きを読む
    開く

    セーフモード