封神演義 6巻

藤崎竜

408円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

【カラーページを収録したデジタル特別編集版!】太公望らは刺客・九竜島の四聖を倒すが、続いて現れた殷の太師・聞仲に大敗…!しかし「四聖が民を傷つけた借りを返した」という理由で見逃される。太公望らは西岐に帰還し、それぞれ修業のために崑崙山脈に帰っていった。人間界に残った太公望は、殷を討つために正式に西岐の軍師に着任する!

続きを読む
  • 封神演義 全 23 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    封神演義 全 23 冊

    9,384円(税込)
    93pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(4件)
  • 2018/08/05

    四聖編決着から西岐の体制を整える展開へ。巻のタイトルにもある「殷の太師」とある通り、聞仲というキャラクターの本質がここに来て一気に描かれる印象。四聖から慕われるわけは何なのか、飛虎との関係性があっても...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2004/10/28

    太公望らは九竜島の四聖をいよいよというところまで追いつめた。だがその時、強い力と大きな怒りに震える空気と共に、聞仲が姿を現す。死力を尽くす攻撃をいともたやすく防がれる太公望だが…。
    =========...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2007/05/12

    表紙かっこいいよね☆

    聞仲大好き☆

    でもこの巻のあたりでは、まだきらいな部類でした。

    その行動の裏には殷への愛があったのよね。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード