封神演義 4巻

藤崎竜

408円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

【カラーページを収録したデジタル特別編集版!】封神計画の真の目的を知った太公望は、次なる作戦のために西伯侯・姫昌(きしょう)と接触する!一方、紂王の腹心である武成王・黄飛虎(こうひこ)は、妻と妹を妲己に殺されてしまったため、太公望の側につくことを決心する。殷に反旗を翻し、脱出を図るのだが…!?

続きを読む
  • 封神演義 全 23 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    封神演義 全 23 冊

    9,384円(税込)
    93pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(5件)
  • 2013/04/02

    伯邑考クッキングか…… 史実(?)とアレンジのバランスがユニーク。聞仲、武吉、周公旦。西岐を目指す黄飛虎の「五関越え」も登場。役者が揃ってきた感じ。

    Posted by ブクログ
  • 2018/08/05

    武成王造反へ。太公望にとっては心強い味方だが、その造反までの流れは恐ろしいもので。妲己を倒す目的のため、太公望自身も殷を人の手で倒す流れに乗り始めるが、西岐の王、姫昌がそう思うように持っていくために行...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2021/05/06

    今までそばにいた人が、急にいなくなるのは寂しい。

    今まで盟友だった人が、敵になるのも寂しい。

    武成王には幸せになってほしい。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード