幻想の未来

著:岸田秀

1,056円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自我とは本能の壊れた動物=人間がつくりあげた幻想である。対人恐怖症も甘えも卑屈さも近代的自我というまぼろしを追い求めた日本人の病なのだ―。フロイドを乗り越え独自の体系を構築したものぐさ流精神分析学による自我論の集大成。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/03/20Posted by ブクログ

      唯幻論の観点から「自我」の解明に挑んだ本です。なお、文庫版の「解説」を執筆している小此木啓吾は、本書を「最も体系的な岸田理論の書」としています。

      近代以降、日本では「近代的自我」の確立の必要性がくり...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000205839","price":"1056"}]

    セーフモード