【最新刊】マチウ書試論 転向論

マチウ書試論 転向論

1冊

著:吉本隆明

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『芸術的抵抗と挫折』『抒情の論理』の初期2著からユダヤ教に対する原始キリスト教の憎悪のパトスと反逆の倫理を追求した出世作「マチウ書試論」、非転向神話をつき崩し“転向”概念の根源的変換のきっかけとなった秀作「転向論」、最初期の詩論「エリアンの手記と詩」など敗戦後社会通念への深甚な違和を出発点に飛翔した吉本隆明初期代表的エッセイ13篇を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/06
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.5
    10
    5
    6
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2014/11/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/02/03Posted by ブクログ

      マチウ書試論のみ読了。
      探偵のように原始キリスト教を追いつめていく吉本隆明。面白かった。
      「関係の絶対性」は最後のほうに少し出てくるだけ(それも突然に)。

    • 2013/12/22Posted by ブクログ

      関係性の絶対性、不可避なそれは、体制に反逆することが、体制に加担している逆転、体制のなかにあることが、反体制である逆転、個の逆立を見事に分析した。もちろんその反対の現象も起こるという、一見、自由な選択...

      続きを読む
    開く

    セーフモード