食は土にあり

著:永田照喜治

1,408円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人は風土によって形作られる。風土は、人に食べ物を与え、水を恵み、快適な、ときには厳しい環境をもたらし、そのゆりかごの中で人を育む。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/02/18Posted by ブクログ

      ?農業は環境破壊のはじまり
      農業は環境にいいと思っていたが、実は環境を壊しているということに驚いた。
      ?スパルタ・原生地農法
      農作物の原生地に近い農法で育てることと、むやみに肥料や水を与えないことで力...

      続きを読む
    • 2008/06/28Posted by ブクログ

      6月26日読了。永田農法の創始者、永田照喜治氏が永田農法および日本の農業の現状について語る本。近年の子供の野菜嫌いは「当然」、なぜなら市販されている野菜はまずいのだから、とする彼の主張にはうなずかされ...

      続きを読む
    • 2013/01/04Posted by ブクログ

      原産地の環境を再現してあげるとか、
      肥料のやり過ぎはよくないとか
      共感できる部分は多いけど
      全体的に主観ばっかりでふわっとしてる感じ。
      後半の「○○する人々」シリーズは後々参考になる日がくるかもしれへ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000205690","price":"1408"}]

    セーフモード