【最新刊】風土

風土

和辻哲郎著

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    風土とは単なる自然環境ではなくして,人間の精神構造の中に刻みこまれた自己了解の仕方に他ならない.こうした観点から著者はモンスーン・沙漠・牧場という風土の三類型を設定し,日本をはじめ世界各地域の民族・文化・社会の特質を見事に浮彫りにした.今日なお論議をよんでやまぬ比較文化論の一大労作である.(解説井上光貞)

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/13
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2006/04/20Posted by ブクログ

      (2006.04.20読了)(2002.07.03購入)
      副題「人間学的考察」
      単行本は、1935年の出版ということなので、昭和10年となり、だいぶ昔の本です。大学の頃からいつか読まねばと思っていた本...

      続きを読む
    • 2016/01/20Posted by ブクログ

      [ところの視点]人間は特殊な「風土的過去」を背負っていると主張し、モンスーン地帯、砂漠、牧場の三形態を基に、その影響を考察した一冊。優れた直感に基づいた諸文化との比較から、今日においても読み継がれる日...

      続きを読む
    • 2014/01/27Posted by ブクログ

      情報を読む力 学問する心などリファレンス多数。「寒さ」「冷たさ」などの言葉に人が反応する感覚は、単に気温が低いというのもあれば、風が強い、乾燥している、雪が冷たいなどそれぞれが在り得るわけで。

      その...

      続きを読む
    開く

    セーフモード