狼と香辛料 4巻

作画:小梅けいと 原作:支倉凍砂 キャラクターデザイン:文倉十

615円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    胡椒を換金するため、ラトペアロン商会を訪れたロレンスとホロ。商会の主人が仕組んだ天秤のカラクリをホロが見抜いたことで交渉を有利に進めた二人は、多額の金に換金できる高級武具を得て、教会都市・リュビンハイゲンへと向かうのだった。その道中では、羊飼いの少女・ノーラとの出会いや、過去最長&最高(!?)ともいえるロレンス&ホロの“いちゃつきシーン(!!)”など、注目のエピソードがめじろ押し!

    続きを読む
    • 狼と香辛料 全 16 巻

      未購入巻をまとめて購入

      狼と香辛料 全 16 巻

      9,927円(税込)
      99pt獲得

    レビュー

    3.4
    7
    5
    0
    4
    3
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/10/28Posted by ブクログ

      原作2巻のエピソード。
      ポロソンのラトペアロン商会でホロが天秤の細工を暴くところから、ノーラ・アレンととの出会い、そしてリュビンハイゲンのレメリオ商会でロレンスが嵌められたことに気付くところまで。
      ...

      続きを読む
    • 2010/05/03Posted by ブクログ

      意外と面白いんだなあと思った香辛料。
      ホロが可愛いのもそうですが、羊使いのお姉さんもなかなか…。
      ってストーリーじゃないし!

      商売をしながら進んでいく話ですがうまくいったり失敗したりで読んでいて結構...

      続きを読む
    • 2010/04/07Posted by ブクログ

      原作を読んでいないので今後のストーリーがわからず、
      ロレンスの絶望しきった顔が恐かったのです。
      自分自身もしばらく落ち込んでいました。

      ──ホメてるつもり

    開く

    セーフモード