包丁人侍事件帖 料理番子守り唄

小早川涼

612円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    近頃、江戸で評判の稲荷寿司の屋台で、なぜかそこの稲荷を食べた者は身体の痛みがとれるという。鮎川惣介が屋台を調べてみると、どうやら日寂という偽坊主が阿片を与えているらしい。一方、大奥では不審な女の骸が発見される。佳境に突入するシリーズ第三弾!

    続きを読む
    • 包丁人侍事件帖 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      包丁人侍事件帖 全 6 巻

      3,691円(税込)
      36pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2012/01/09Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/08/01Posted by ブクログ

      作家永井路子が昔、自分は食べ物の描写が苦手で、うまい杉本苑子と比較して、料理をしないせいだと書いていたけれど、この人の料理も、素材、作り方、出来上がり共に永井派。なのになんで、包丁人を主人公に書くのか...

      続きを読む
    • 2014/10/26Posted by ブクログ

      第三弾
      大奥に関連するこれまでの話の完結編?
      若き水野忠邦と大奥で権勢をふるうお美代の方を中心に京の倒幕勢力の陰謀、首謀者は不明でこれまで何人の普通の人々の犠牲が
      娯楽読物としては常に消化不良?

    開く
    [{"item_id":"A000204855","price":"612"}]

    セーフモード