逃がれの街

北方謙三

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    愛する女・牧子のために暴力団員2人を殺した。生々しい感触が今も幸二の掌に残っている。自分の行為に対して言い訳などなかった。終わってしまったことからは何もはじまらない……。警察と暴力団の双方が追ってくる。逃げるだけだ。公園で知り合った幼いヒロシを唯一の友に、幸二は今、“逃がれの街”を求めて雪の軽井沢へ……。

    続きを読む

    レビュー

    4
    6
    5
    2
    4
    3
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2009/11/03Posted by ブクログ

      遅ればせながら、北方謙三を始めて読んだ。面白い。大沢在昌とはまた違った、世界観。理屈では推し測れない、息吹が全編に漂う。話自体は暗く、破滅的ではあるが、少年との魂の触れ合いが涙を誘う。しばらくはまりそ...

      続きを読む
    • 2007/12/04Posted by ブクログ

      北方謙三とであった記念碑的一冊。不意にやってくる理不尽な状況。主人公は流されるのか、自分の意思で走るのか。
      ラストまで一気に読むのだ。

    • 2015/09/21Posted by ブクログ

      かつて夢枕獏が読んだ歌に「立てば立松、座れば椎名、歩く姿は北方謙三」というものがあります。
      全くもって意味不明なのですがとても印象深く頭の中にこびりついて離れないのです。
      彼はその存在感からしてステロ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000204837","price":"550"}]

    セーフモード