ハバナの男たち(上)

[著]スティーヴン・ハンター/[訳]公手成幸

733円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1953年早春。カリブ海に浮かぶキューバはバティスタ大統領の独裁下にあり、アメリカの大企業やマフィアが進出して親米政権下で法外な利益をむさぼっていた。不満渦巻く大衆のあいだでは、弁舌の才と強烈なカリスマを備え、共産主義による政権転覆を唱える若者が支持を集めつつあった。その男とは―フィデル・カストロ、26歳。アメリカCIA中枢は、喉元の脅威を取り除くべく、極秘にカストロ抹殺作戦を立案。そこで白羽の矢が立った人物とは、われらがスナイパー、アール・スワガーだった!

    続きを読む
    • ハバナの男たち 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ハバナの男たち 全 2 巻

      1,466円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2012/03/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/09/28Posted by ブクログ

      アールシリーズは、実在の人物が絶妙に重要な役割で登場するのが面白さんの1つ。今回は、若きカストロをめぐり、アメリカギャング、ソ連、米国政府が、それぞれの利権をめぐって激突する。シリーズ1作目からアール...

      続きを読む
    • 2015/09/28Posted by ブクログ

      アール・スワガーシリーズ第3弾。舞台は、カストロ革命前の1953年のキューバ。ゴッドファーザー(2かな)で、アメリカの資本、マフィア達が謳歌していた時代のキューバだね。2015/9読了。

    開く
    [{"item_id":"A000204411","price":"733"}]

    セーフモード