藤村龍至/TEAM ROUNDABOUTインタビュー集 アーキテクト2.0――2011年以後の建築家像

編著:藤村龍至/TEAMROUNDABOUT

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    情報化、郊外化の著しい現代に必要とされる建築家像を探るべく、20人の建築家・社会学者らと対話した藤村龍至/TEAMROUNDABOUTのインタビュー集。対話者は、磯崎新、濱野智史、伊東豊雄、古谷誠章、小野田泰明、ヨコミゾマコト、難波和彦、山梨知彦、中山英之、田中浩也+松川昌平、鈴木謙介、五十嵐淳、小嶋一浩、梅林克+宮本佳明、迫慶一郎、岡部明子、井手健一郎、井口勝文。[主な目次]序「アーキテクト2.0」とは何か藤村龍至第1章1995年以後の都市・建築を考える第2章情報化を考える第3章郊外化を考える

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/03/13Posted by ブクログ

      1995年は、阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件が起こった年。それ以降の建築家の職能や都市・建築のあり方などについて、藤村龍至氏と様々な建築家の対談をまとめた本。
      キーワードは、組織・ゼネコンVSアトリ...

      続きを読む
    • 2013/04/30Posted by ブクログ

      アトリエ、組織設計、ゼネコン、ハウスメーカーを対立項としていたのが明快で分かりやすく、その上でそれらのいずれでもない第三の道を模索、提案されているのかなと感じた。
      難波先生の「箱の家」は特に分かりやす...

      続きを読む
    • 2012/01/04Posted by ブクログ

      広範な知識と経験だけでなく対話に基づく折衝・調整といった対人スキルまであらゆる蓄積や能力の総動員が要請される建築家同士のダイアローグは一般人が読み聞きしても刺激に富む。僕はコミュニケーション手法に関す...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000203610","price":"2200"}]

    セーフモード