子どものこころが傷つくとき : 心理療法の現場から

著:網谷由香利

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    いじめ・虐待・引きこもり・問題行動……自分はこんなに子どもを愛しているのに、なぜ?親子・家族関係のなかで、子どものこころはどのように傷つき、またいかに守られ、支えられるのか。第一級のサイコセラピストによる深層からのメッセージ。

    続きを読む

    レビュー

    4
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/09/25Posted by ブクログ

      この種の本は、必要に迫られて読むことが多いと思われますが、本書は必要に迫られたときに読むこともとても有効だと思いますが、そうでない人でも特に子育て時期ある人、あるいは子育ての開始時期にある人が読まれる...

      続きを読む
    • 2011/10/16Posted by ブクログ

      ・傷ついた子に理由を尋ねるのはNG。
      もう一度、その場面を思い出させる。
      ・良い子ではまずい。
      NOとは言えなくなる。
      正義がすべてだと考えてしまう。
      ・子どもの思う通りにさせるべき。
      外に出たくない...

      続きを読む
    • 2011/06/26Posted by ブクログ

      子供の心を知りたく手にとってみたら、自分の仲の子供の心が癒されていくのを感じた

      「この本は子供は読まなくていいです。なぜなら子供はこんなこと言わなくても分かっているから。」

      大人は、子供の問題を ...

      続きを読む

    セーフモード