【最新刊】論文捏造

論文捏造

著:村松秀

946円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    科学の殿堂・ベル研究所の、若きカリスマ、ヘンドリック・シェーン。彼は超電導の分野でノーベル賞に最も近いといわれた。しかし2002年、論文捏造が発覚。『サイエンス』『ネイチャー』等の科学誌をはじめ、なぜ彼の不正に気がつかなかったのか?欧米での現地取材、当事者のスクープ証言等によって、現代の科学界の構造に迫る。なお、本書は内外のテレビ番組コンクールでトリプル受賞を果たしたNHK番組を下に書き下ろされたものである。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/29
    連載誌/レーベル
    中公新書ラクレ

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/07/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      最近起こった論文捏造問題に酷似している、
      ヤン・ヘンドリック・シェーンの不正を取り上げていると、
      インターネットでみかけて。

      NHKの番組を画像を書物に落とし込んだものながら、
      素人でもわかるぐらい...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      NHKで放送されたドキュメンタリー番組「史上空前の論文捏造」の
      書籍化である。

      科学の世界に彗星のごとく現れた若き研究者ヤン・ヘンドリック・
      シェーン。世界中の優秀な科学者が終結するアメリカ・...

      続きを読む
    開く

    セーフモード