【最新刊】誘惑された白雪姫

誘惑された白雪姫

1冊

ミランダ・リー 翻訳:柴田礼子

660円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    25歳のいまもバージンで、内気なヴァイオレット。肌トラブルに悩まされた暗い学生時代は、ひたすらロマンス小説を読んで、妄想をふくらませていた。本当の恋も経験してみたいけれど、いまさらきっかけがつかめない。そんな彼女に訪れたチャンスは、上司が主催する大晦日のパーティ。白雪姫の仮装で挑んだヴァイオレットは、上司の息子を紹介される。レオ・ウルフ――年上で離婚経験が2回もあるという世慣れた大富豪だ。当然、もう恋愛にも結婚にも興味はないと明言しているが、ヴァイオレットは彼のまなざしが、熱く自分に向けられるのを感じた。どうして拒めるの?彼ならきっと、情熱のすべてを教えてくれる……。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/12
    連載誌/レーベル
    ハーレクイン ハーレクイン・ロマンス

    レビュー

    3.5
    4
    5
    1
    4
    0
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/12/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/12/31Posted by ブクログ

      ヒーローがヒロインにメロメロで、読んでいて楽しかった。
      復讐も策略もなく、ほのぼのとしていて読後感も良❗️

    • 2014/04/15Posted by ブクログ

      内気なヴァイオレットは、自分に何もないことに飛行機事故で九死に一生を得て愕然と気がつく。自分を変えるためには、まず、バージンを捨てることからはじめようと思った。

      ヒロインに感情移入するというよりは、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード