“中西改革”が日立のタブーをぶち壊す

鈴木崇久

110円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2009年3月期、7873億円の最終赤字を計上し、ドン底を味わった日立製作所……。それが今や、二年連続で過去最高益を記録している。その背景には、経営陣による大きな改革がある。会長の川村隆氏が1年で再建の土台を固め、後継者の中西宏明社長が軌道に乗せた。中西社長は、それまでの日立ではタブー視されていたような、考えられないほどの超ド級の経営判断を続けている。IT事業から原子力発電プラント、鉄道、建設機械に金融事業まで920社もの連結子会社、32万の従業員を抱える超巨大な集合体、日立。変貌の“内幕”と、目標とする“真のグローバル企業”との距離感をえぐり出す。「週刊ダイヤモンド」(2013年01月05日号)の第二特集「“中西改革”が日立のタブーをぶち壊す」を電子書籍化しました。雑誌の他のコンテンツは含まれずレポートだけを電子化したため、お求めやすい価格になっています。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000202864","price":"110"}]

    セーフモード