【最新刊】統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である

西内啓

1,408円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    統計学はどのような議論や理屈も関係なく、一定数のデータさえあれば最適な回答が出せる。そうした効能により旧来から自然科学で活用されてきたが、近年ではITの発達と結びつき、あらゆる学問、ビジネスへの影響力を強めている。こうした点から本書では統計学を「最強の学問」と位置付け、その魅力と可能性を伝えていく。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/29

    レビュー

    • 2013/12/29Posted by ブクログ

      読んだ感想としては、
      統計学はやらなきゃヤバい

      そして、
      最もセクシーな業種である統計家になりたいと思った。

      細かい内容としては1度読んだだけでは、
      あまりにも内容が濃すぎるので、
      今回は気になっ...

      続きを読む
    • 2013/05/02Posted by ブクログ

      [読んだ理由]==================
      日経の日曜日の本紹介の欄にあったのを見かけた。紹介文で引用のあった「これからの10年で最もセクシーな職業は統計家だろう」というフレーズに惹かれた。そ...

      続きを読む
    • 2014/09/03Posted by ブクログ

      統計学が最強の学問である
      西内啓(ひろむ)

      統計リテラシーのない者がカモられる時代がやってきた。

      あみだくじの当選確率
       端が当たる確率が最も低い。

      エビデンス(科学的根拠)

      「教師に生徒の成...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000202836","price":"1408"}]

    セーフモード