神様の女房

高橋誠之助

1,047円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    松下幸之助を、陰で支え続けた“もう一人の創業者”、妻・むめの。五里霧中の商品開発、営業の失敗、資金の不足、関東大震災と昭和恐慌、最愛の息子の死、そして戦争と財閥解体…。幾度も襲った逆境を、陰となり日向となり支え、「夫の夢は私の夢」と幸之助の描いた壮大なスケールの夢を二人三脚で追いかけた感動の物語。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/10/01Posted by ブクログ

      ◆幸之助を選んだ理由は、はっきりしていた。幸之助の条件が、誰よりも一番悪く、厳しいものだったからである。<だからこそ、人からもろうた人生ではなく、自分自身で人生を作っていくことができるんや>むめのは若...

      続きを読む
    • 2012/07/27Posted by ブクログ

      経営の神様と呼び続けられた陰では、奥様のむめのさんの絶大な支えがあったからこそとつくづく思わさせて頂きました。
      正に“もう一人の創業者”ですね!
      数々のエピソードに感激しましたし、改めて教えられました...

      続きを読む
    • 2011/11/30Posted by ブクログ

      松下幸之助氏の妻、むめのさんの視点から書かれていて、結婚当初の貧しい時代から、松下電器産業を築き上げるまでの苦労話やお二人のエピソードなど興味深く読んだ。
      内助の功を発揮し、何度も襲う逆境にも負けず、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000202573","price":"1047"}]

    セーフモード