芸術と青春

岡本太郎

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「青春は無限に明るく、また無限に暗い。」――岡本太郎にとって、青春とは何だったのか。パリでの旺盛な芸術活動、交遊、そしてロマンス……。母かの子・父一平との特異ではあるが、敬愛に満ちた生活。これらの体験が育んだ女性観。孤絶を恐れることなく、情熱を武器に疾走する、爆発前夜の岡本太郎の姿がここにある。

    続きを読む

    レビュー

    • 2005/08/11Posted by ブクログ

      「今日の芸術」岡本太郎著をやっと読み終わりました。

      ただいま私の中に岡本太郎ブーム到来という感じです。

      実はこの本、ちょっとショックなことに文庫版の再販を買えば500円前後らしいのに、廃刊と勘違い...

      続きを読む
    • 2017/11/12Posted by ブクログ

      この徹底的に常識を疑い、
      自身の思うところを思うままに叩きつけていく有り様が素晴らしい。

      タブーをタブーとせず、
      突き進む。

      「人格相互は、個々の判断や好みで精神的に結びつかなければならない。理想...

      続きを読む
    • 2007/08/12Posted by ブクログ

      今まで岡本太郎は「芸術は爆発だ!」が先行して感情的な人かと思っていたけど、そうではない。哲学や社会学、民俗学など幅広い学識があり、自分の芸術についても懊悩した人だ。本書は渡欧中の青春時代、父母の記憶、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000202340","price":"440"}]

    セーフモード