七色の招待席

沙原秀

733円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    はじめに夢を完全に諦めたときだった。「夢は実現する!」と七色の大きな文字が目の前の吊革の上に・・・。ここに記した一つ一つの奇跡のドラマは全て自己の体験に基づいたもので、全きノンフィクションでありリアリティーなのである。事実は小説より奇なりという言葉通り、生きること自体が正に芸術であり、奇跡なのだと自己の伝記を書き進めるにつけ、そう実感してくる。自分自身が子供のようにワクワクし、何かに夢中になり、無の境地に入ったとき、奇跡のドラマが始まるのである!沙原秀シンフォニーの旋律が聴こえてくるように、叙情ゆたかに語られた創作画家・沙原秀の自伝的エッセイ集。45年前のある朝、七色に輝く山々と純白の富士山に出遭い、彼女は奇跡への扉をあけた。絵筆をもったことはほとんどなかったにもかかわらず次々と作品を生み出し、その作品が様々な人との出遭いを導き、能楽堂の舞台に立ち、個人の美術館を建て……。そして、サハラ夢美術館は、みんなが「夢」を見出す場所となった。少年、少女、青年、老婦人など訪れる人々に奇跡が起こる。本書を通して、子どものように無邪気で純粋なひとりの女性の生き様に触れてみてください。彼女や彼女の絵と出遭った人々とが織りなす心おどる数々のエピソードから、未来への希望を感じられるはずです。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/07/17Posted by ブクログ

      「天から使命を受け、この世に命を授けられたかぐや姫/この世の一人ひとりがみな、天から選ばれたかぐや姫ではないかと…」絵の力で誰かを幸せにしたい、七色の虹の架け橋、いや橋桁になりたい…という思いで美術館...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000202167","price":"733"}]

    セーフモード