アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風

神林長平

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    地球のジャーナリスト、リン・ジャクスンに届いた手紙は、ジャムと結託してFAFを支配したというロンバート大佐からの、人類に対する宣戦布告だった。ついに開始されたジャムの総攻撃のなか、FAFと特殊戦、そして深井零と雪風を待ち受けていたのは、人間の認識、主観そのものが通用しない苛酷な現実だった。『戦闘妖精・雪風〈改〉』『グッドラック』に続く、著者のライフワークたる傑作シリーズ、待望の第3作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/11/16Posted by ブクログ

      言葉という武器。認識というトラップ。インターフェイスという戦場。

      不肖鴨、もぅ20年以上SFを読み続けていますが、これほど過激な(物理的な意味において、ではなく、構造的な意味においてです)戦闘シーン...

      続きを読む
    • 2020/07/27Posted by ブクログ

      うーん、難しい。
      筆致力は前2作より更に上がっている、気がする。
      だけど内容はより哲学的・形而上学的なものになり過ぎて、理解するのが本当に難しい。メタ認知に次ぐメタ認知。空中戦でも地上戦でもなく、心理...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/10/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000202049","price":"693"}]

    セーフモード