悪の法則

コーマック・マッカーシー/黒原敏行

1,782円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    麻薬取引に手を染めた弁護士の男。一度儲ければそれでおしまいのはずだった。しかし、彼は自分がいつの間にか断崖の縁に追い込まれていることに気づく。そして彼にも、彼の周囲にも容赦のない暴力が襲いかかる――ピュリッツァー賞を受賞したアメリカの巨匠が描く傑作クライムサスペンス。リドリー・スコット監督、マイケル・ファスベンダー主演映画化。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/11/27Posted by ブクログ

      映画を観た勢いで読了。字幕だけでは取り切れなかった台詞の内容がしっかり補足出来て良かった。それを黒原さんの訳で読める幸せ。
      内容としてはマッカーシー流の運命論の話であり、『血と暴力の国』の延長線上に位...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/04/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/05/07Posted by ブクログ

      映画「悪の法則」の脚本。こうして読むと、コーマック・マッカーシーの小説は普段から脚本というスタイルに近い。もともと心理描写がほぼないからか。普段の小説と違うのは会話が多いくらいかも。
      ただ、脚本だけに...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000202046","price":"1782"}]

    セーフモード