Wedge 2019年8月号

Wedge編集部

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。 ●目次1●目次2●ホルムズ危機で露呈する脆弱なエネルギー安保 (山本隆三・常葉大学経営学部教授)●ムダを取り戻す経営 データ偏重が摘んだ「創造の芽」 PART1 失われた20年の失敗の本質――今こそ共感や直観による経営を取り戻せ (野中郁次郎・一橋大学名誉教授)/Column 組織内の多様な「物語」が新しい価値を生み出す(やまだようこ・京都大学名誉教授)●PART2 低成長を脱する処方箋――潤沢な「貯金」を使い未来への「種まき」を(中島厚志・経済産業研究所理事長)●PART3 逆境を乗り越えた経営者の格言――ビジネスモデルの変革なくして企業に未来はない(坂根正弘・コマツ顧問)/「そろばん」より「ロマン」 大事なのは「志」を持つこと(金井誠太・マツダ相談役)/階層を壊して語り合う自由闊達な風土が付加価値を生む (小池利和・ブラザー工業会長)●PART4 株主資本主義がもたらす弊害――株主偏重のガバナンスは企業の成長を阻害する(松本正義・関西経済連合会会長)●PART5 米国型経営の正しい使い方――経営者と現場は「こだわり」を持て(星野佳路・星野リゾート代表)/消費者価値を創る本当のマーケティング(森岡毅・刀代表取締役CEO)●自業自得のケータイ業界 ぬるま湯体質を打破できるか(尾崎史生・ジャーナリスト)●あなたの家電がサイバー攻撃に加担!? 5G時代に激増するサイバーリスク(山田敏弘・ジャーナリスト)●[新連載]中国 覇権への躓き(加茂具樹) 米中間の「新しい希望」は幻想●商業捕鯨再開に潜む国際訴訟リスクに備えよ(坂元茂樹・同志社大学法学部教授)●Global Economy(倉都康行) 景気悪化に先走るマーケット FRBがカギ握る下半期の世界経済●国防の盲点(勝股秀通) 「南西の壁」守るための3つの課題●世界の記述●名門校、未来への学び(鈴木隆祐) 身近な興味から目指す「ノーベル賞」[千葉県立千葉高等学校]●VALUE MAKER(磯山友幸) モノからコトへ、イタリアの逸品にほれ込んだ日本人の挑戦●戦国武将のマネー術(橋場日月) 豪傑・加藤清正の意外な「財務スキル」●さらばリーマン(溝口敦) 童心にかえれる「ツリーハウス」 ものづくり一筋40年 新たに選ぶ創作の場(西田幸博さん/木工房Woody Factory空知代表)●米国で挑む闘魂経営(藤田浩之) 米軍のマネジメント法が注目される理由●時流仏流(鵜飼秀徳) 祇園祭を継承する「よそ者」●拝啓オヤジ(相米周二)●各駅短歌(穂村弘) 床屋●CINEMA REVIEW(瀬戸川宗太)●新刊クリップ(足立倫行)●読者から/ウェッジから●表4

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード