Wedge 2016年6月号

Wedge編集部

509円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。 ●目次1●目次2●核は運べるか 北朝鮮ミサイルの謎を暴く/能勢伸之(フジテレビ解説委員) ●特集 自動車産業が壊れる日 自動運転の“先”にある新秩序/川端由美、自動車業界関係者、宮田拓弥、Wedge編集部/Part 1 米IT企業が先行する自動運転 崩れる自動車業界の力関係/Part 2 自動車メーカーは置き去り Googleが目指す完全自動運転/Part 3 欧米自動車メーカーが続々参入 なぜいまカーシェアなのか?●水素水にのめり込む伊藤園、パナソニックの「品格」 /村中璃子(医師・ジャーナリスト) ●拡大するパソコンリユース市場 薄れる中古品への抵抗感/中西 享(ジャーナリスト)●過去の教訓が生きた熊本地震の初動対応/Wedge編集部 ●漂流ものづくり大国の治し方 by 坂本幸雄/女性活躍は日本成長のカギ ●オバマ広島訪問 核廃絶や謝罪の有無より大切なこと/宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹) 中山俊宏(慶應義塾大学総合政策学部教授) 松尾文夫(元共同通信ワシントン支局長) ●南シナ海に「浮かぶ原発」中国の原子力開発の本気度/窪田秀雄 ●英国も「トランプ現象」 EU離脱派がにらむ過半数/木村正人(ジャーナリスト)●進化しないテレビの震災報道 熊本地震特番を秒単位で検証する/Wedge編集部 ●世界の記述 ●中国梦のゆくえ by 富坂 聰/シリコンバレーが驚愕したグーグルのライバル●最終回 The Big Deal by 桂木麻也/百年の大計、再び ●地域再生のキーワード by 磯山友幸/異業種とコラボで地元発信 鹿児島焼酎の挑戦 ●人事は企業を変えられる by 寺川尚人/不正を正す風土は経営トップが作るもの ●各駅短歌 by 穂村 弘/ホーム ●拝啓オヤジ by 相米周二 ●さらばリーマン by 溝口 敦/リストラ候補者を農山漁村で生かす 大企業の人余りに着目した元物流マン 高浜大介さん(アースカラー代表取締役社長) ●最終回 シニアボーイの娯楽 by 小平尚典 [ネコ編]ネコをかわいく撮ろう![ワイナリー編]日の丸ワイナリーで乾杯を! ●それは“戦力外通告”を告げる電話だった by 高森勇旗/横浜日本一の立役者が広島移籍で得たもの 石井琢朗さん(横浜ベイスターズ 他) ●新刊クリップ by 足立倫行●読者から/ウェッジから●表4

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード