【最新刊】Wedge 2019年12月号

WEDGE

73冊

Wedge編集部

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。 ●目次1●目次2●地域の医療ニーズに即した病院再編を急げ(土居丈朗・慶応義塾大学経済学部教授)●「新築」という呪縛―日本に中古は根付くのか(砂原庸介、中川雅之、中西享、編集部) PART1 中古活性化を阻むしがらみ 「脱新築時代」は来るか?/PART2 「好み」だけではなかった 日本人が“新築好き”になった理由/PART3 米国の中古取引はなぜ活発なのか? 情報公開にこそカギがある/COLUMN ゴースト化した「リゾートマンション」の行方/PART4 中古活性化に必要な「情報透明化」と「価値再生」●教師をむしばむ長時間労働 変形労働制は「解」ではない(編集部)●紙一重で防いだ「首都水没」の舞台裏(編集部)●Global Economy(倉都康行) 世界経済「同時減速」の恐れ 異例の低金利の“副作用”に要注意●国防の盲点(勝股秀通) 自衛隊の国際協力は“大義名分”を明確に●急拡大するシェアサイクル ラストワンマイルの担い手となるか(高口康太・ジャーナリスト)●ラグビーW杯を支えたボランティア 「おもてなし」のマネジメントに迫る(大元よしき・ライター)●中国 覇権への躓き(安田峰俊) 自ら幕を引けない香港デモ●世界の記述●戦国武将のマネー術(橋場日月)関ヶ原で加藤清正が東軍についた三つの「理由」●名門校、未来への学び(鈴木隆祐) 体育祭を1年かけて「創造」する [神奈川県立湘南高等学校]●VALUE MAKER(磯山友幸)“よそ者”が気づかせてくれた「福山デニム」の価値●米国で挑む闘魂経営(藤田浩之) コンプレックスを受け入れて前に進む●五輪を彩るテクノロジー(黒井克行) 正確なショットを生むラケット●時流仏流(鵜飼秀徳)自然災害は宗教の最大の敵●さらばリーマン(溝口敦) ALS患者を支える目力スイッチを開発 売上より社会貢献が脱サラ後の原動力(有田邦朗さん/エンファシス代表取締役社長)●各駅短歌(穂村弘)歯医者●拝啓オヤジ(相米周二)●新刊クリップ(足立倫行)●ノンフィクション再読のススメ(稲泉連) 『朽ちていった命』●読者から/ウェッジから●表4

    続きを読む
    ページ数
    90ページ
    提供開始日
    2019/11/20
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード