【最新刊】新装版 8の殺人

新装版 8の殺人

我孫子武丸

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大胆なトリックで本格ミステリーファンをうならせた傑作長編。建物の内部にある中庭が渡り廊下で結ばれた、通称“8の字屋敷”で起きたボウガンによる連続殺人。最初の犠牲者は鍵を掛け人が寝ていた部屋から撃たれ、2人目は密室のドアの内側に磔に。速水警部補が推理マニアの弟、妹とともにその難解な謎に挑戦する、デビュー作にして傑作の誉れ高い長編ミステリー。(講談社文庫)

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/22
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    レビューコメント(40件)
    • 新装版 8の殺人
      2011/08/15
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 新装版 8の殺人
      2010/02/18

      我孫子先生のデビュー作。3部作の1作目を最後に読んだということになってしまいました。当時からコメディ要素たっぷりで、(個人的には)ミステリらしからぬ書きっぷりなのですが、本筋としては濃密なミステリ。展...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 新装版 8の殺人
      2012/05/07

      蜂須賀建設社長・蜂須賀菊雄が建てた通称“8の字屋敷”。
      建物の内部にある中庭の上を、渡り廊下が横断しており、
      上から見ると“8”に見えるためそう呼ばれている。
      その奇妙な館の中で起こる、ボウガン...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード