七人の証人

西村京太郎

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    十津川警部は帰宅途中を襲われ、不覚にも誘拐された。彼が気付いたときには、彼は奇怪な無人島にいた。しかもそこには、ある町の一部分がそっくり再現されていたのだ。次々建物から現れる人間は、皆或る事件の目撃者、そしてやがて展開される狂気のシーン。会心サスペンス長編。(講談社文庫)

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/02/28Posted by ブクログ

      1999.8.13 4刷 533
      十津川警部は帰宅途中を襲われ、不覚にも誘拐された。彼が気づいたときには、彼は奇怪な無人島にいた。しかもそこには、ある町の一部分がそっくり再現されていたのだ。次々建物か...

      続きを読む
    • 2013/10/24Posted by ブクログ

      借り物読破。


      大御所さんの小説ってやっぱどれもするっと読みやすい。
      かつ、本書は町の等身大ジオラマ作ってそこで殺人事件の再考察…
      とかいう、新本格かと思うようなわくわく設定まであり。
      初・十津川警...

      続きを読む
    • 2012/06/05Posted by ブクログ

      『孤島もの』にして『法廷ミステリ』 西村京太郎恐るべし。

      一年前の殺人事件の犯行現場とその周辺が、交叉点や建物の室内まで完全再現された絶海の孤島。そこに誘拐拉致された、当時の裁判の七人の証人たち(と...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000201499","price":"495"}]

    セーフモード