九孔の罠 死相学探偵7

著者:三津田信三

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    超能力者を極秘で養成するダークマター研究所。そこでは、経費削減のため、成長が見込めない「年長組」の一部リストラが囁かれていた。そんな中、「年長組」の1人・沙紅螺が帰宅中、背後に現れた不気味な黒い影に追われる事件が発生。依頼を受けた俊一郎は、黒術師に唆された研究所関係者の仕業と考え、黒捜課の曲矢刑事らと警戒態勢を敷く。だが、なぜか新恒警部の姿が見えず、俊一郎は不安になる。待望のシリーズ第7弾!

    続きを読む
    • 死相学探偵 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      死相学探偵 全 7 巻

      4,818円(税込)
      48pt獲得

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/16Posted by ブクログ

      死相学探偵シリーズ。ダークマター研究所でのリストラ連続殺人を阻止すべく、呪術「九孔の穴」に立ち向かう俊一郎。しかしその努力もむなしく目の前で倒れる犠牲者。新恒警部の不在もそこはかとなく不安をかきたてる...

      続きを読む
    • 2020/02/21Posted by ブクログ

      死相学探偵⑦

      三津田さんは大好きなのだがこのシリーズはグッと来ないんだよなぁ。
      スターウォーズ好きだから「ダークマター研究所」は嬉しかったけど。色々な能力を持った人間たちが集められて・・・・「SPE...

      続きを読む
    • 2020/02/13Posted by ブクログ

      今回は超能力者を極秘で養成する研究所が舞台。透視やテレパシー、幻惑といった能力使い手が揃う中に、呪術によってもたらされる死を織り込んできたのが、能力者同士のバトルみたいで面白かった。

    開く

    セーフモード