桜の森の満開の下

著:坂口安吾

1,265円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ、それが“物語・歴史”だったのだろうか――。おのれの胸にある磊塊を、全き孤独の奥底で果然と破砕し、みずからがみずから火をおこし、みずからの光を掲げる。人生的・文学的苦闘の中から、凛然として屹立する“大いなる野性”坂口安吾の“物語・歴史小説世界”。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      この本で坂口安吾が好きになりました。
      大学生の頃です。
      読んで驚いたのを覚えています。
      まるで桜が舞い散っているのが、見えるような文章でした。
      桜の花の下で気が変になる。恐ろしい。
      人を殺すのをなんと...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      女と出会うまでは、どうして山男はあんなにも桜を恐れていたのか。

      きっと桜と自分しかいない空間は、「自我」を意識せざるを得ない環境だったからなんでしょうね。
      でもそんなものを持ち合わせてはいない山男に...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      安吾の本、久しぶりに読んだ。
      学生の頃に新潮文庫から出てる「堕落論」「白痴」を読んで以来。
      安吾の作品の面白さを再発見。
      彼の文章には毒があって、そこが自分にはピッタリ合う感じがする。
      表題作...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000201151","price":"1265"}]

    セーフモード