【完結済み】ふたがしら 1巻

ふたがしら
完結7冊

オノ・ナツメ

648円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

時は江戸時代。盗みを生業とする赤目一味の頭目・辰五郎の死に際に立ち会った弁蔵と宗次。辰五郎はふたりの手を取り「一味のこと、まかせた」とだけ言い残し、息を引き取った。しかし、ふたり以外に証人のいないこの遺言、結局跡目に据えられたのは頭目の弟分・甚三郎だった。姐さんによるこの采配に納得いかないふたりは、一味を去ることに。どこまでも向こう見ずな男・弁蔵と、冷たい眼差しの中に何かを秘めている宗次。あての無い旅ふたり旅、でっかいことをなしとげに出立したはいいが、行く先々で騒動が…!?『さらい屋五葉』のオノ・ナツメが描く、新感覚江戸活劇!

続きを読む
  • ふたがしら 全 7 巻

    未購入巻をまとめて購入

    ふたがしら 全 7 巻

    4,536円(税込)

レビュー

3.9
54
5
17
4
20
3
16
2
1
1
0
  • 2018/01/09Posted by ブクログ

    ついに夜坂での「つとめ」を行うことを決めた頭。そのきっかけを作ったのは、弁蔵と宗次の二人の意気。頭と芳の間で分裂しかけていた夜坂を一つにするために、動きます。 そのつとめが夜坂の最後の仕事。 狂奔す...

    続きを読む
  • 2018/01/09Posted by ブクログ

    大坂で修行中。弁蔵の故郷へ。 今生の別れをしっかりしておけ、と弁蔵へいう宗次。赤目の親分との別れの後悔があるからでしょうか。宗次は珍しくおせっかいやくし、弁蔵の素直に聞くし。 人にも組織にも、いろ...

    続きを読む
  • 2017/03/02Posted by ブクログ

    弁蔵と宗次。この二人と甚三。赤目に夜坂。二つの対比で重なり合って、入れ子みたいな錯覚になる。姐さんもね。 赤目を抜けた二人の向かう先は大坂。道中の櫛送りの話がいいですねぇ。 伊達と酔狂と仁義と。 立...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード