ニューズウィーク日本版別冊 特別編集 世界経済入門2019

ニューズウィーク日本版別冊編集部

815円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界経済は転換期を迎えている──。 エコノミストは時に自分の生きる時代こそが経済史の節目であるかのように語りたがる。だが誤解を恐れずに言えば、経済は絶えず変化している。人が生まれ死にゆくように、経済でも産業の栄枯盛衰が繰り返されている。本誌では、基礎的な経済知識を学びながら、最新の国際経済ニュースの中にこれから起こるであろう変化の兆しを読み解いていく。マネーはどこへ向かうのか、世界経済の新潮流はどこで生まれているのか。そのヒントは、ここにある。 ●目次●1 THE BIG PICTURES 世界経済の新潮流●パックンと読み解く! 世界経済の新潮流●押さえておきたい経済トレンド10●あれから10年 危機再来の足音が聞こえる●傲慢トランプの貿易戦争「狂騒曲」●AIが奪う仕事、AIが創り出す未来●AIが人間に雇用を取り戻す日●AIを制するのは中国だ●循環型経済で地球の未来を救え●生産型から循環型へ 経済の大変革が始まった●2 FUNDAMENTALS 経済を理解するための基礎知識●30分でわかる 経済学をざっくり学ぼう●知ればトクする経済学用語16●ピケティが起こした大論争の行方●経済予測が当たらない理由●「根拠なき熱狂」に踊らされて●エコノミストたちの成績表●つまるところ、経済も人なのだ●3 THE ISSUE 世界経済のキーポイント●合意なき離脱は英経済を破壊する自殺行為だ●英離脱がもたらす欧州秩序の崩壊●ものづくりしないメーカーの時代へ●トランプ流経済政策、2年間の成績表●人口減少の日本を待ち受ける未来●新興国は新しい危機の時代へ●中東に求められる民間パワー●大手エネルギー企業の「嘘」にだまされるな●通貨の新機軸に? ビットコインの可能性●経済版スターウォーズの勝者は?

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A002088198","price":"815"}]

    セーフモード