極東追憶博物館

ARUKU

680円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

東の最果ての地――。祖国を離れ小さな博物館の入場券係として働く青年と受付口で垣間見えたその美しい「手」に一目惚れした学生。嘘と誤解が積み重なり、実ることなく散るかに思われたその恋は……!?時にユーモラスに、時に痛みを伴いながらも全て幸福な結末に辿りつく心に沁みる作品集。同人誌発表作と描き下ろしも収録。※本作の表紙・奥付の著者名「遙々アルク」は、「ARUKU」の旧ペンネームです。(著者名は現在のペンネームに統一しています)

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2012/06/08Posted by ブクログ

    一冊まるごと、どれも「作家性」に溢れた一品。
    ●持つ者と持たざる者
     ⇒社会的地位の高低、知識を持つ者と無知な者
    ●無償の愛
    ●無垢なるもの存在
     ⇒時に無垢ゆえに踏みつけられて片隅追いやら...

    続きを読む
  • 2010/01/05Posted by ブクログ

    「猿喰山疑獄事件」がとても良かったのでアルク先生の他のコミックスも手にとりました。
    今回のは短編が多かったのですが、、、すごい、すごい良かったです!こんな素敵な作家さんがいらっしゃったなんて・・・!
    ...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2014/01/07Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
開く
[{"item_id":"A000200770","price":"680"}]

セーフモード