徳川家康は二人だった

八切止夫

734円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    松平元康(徳川家康)は、実は死んでいた?徳川家では、三河出身者は1万石以下の旗本として冷遇され、他国者だけ大名に立身した謎に、独自の視点で迫る。隆慶一郎『影武者徳川家康』に先駆けた衝撃の問題作。【著者】八切/止夫1914~87。小説家。名古屋市生まれ。日本大学、明治大学で講師を務めた後、64年、「寸法武者」により第三回小説現代新人賞受賞。67年、『信長殺し、光秀ではない』『寸法武者』を刊行。以後、「八切史観」とよばれる独自の史観に基づく歴史小説や評論など膨大な著作を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード