震災で本当にあった泣ける話

イースト・プレス編集部

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2011年3月11日14時46分18秒。宮城県牡鹿半島の東南東沖で発生した東北地方太平洋沖地震は、日本観測史上最大のM9.0を記録。震災は東北と関東の広大な範囲で被害をもたらし、死者・行方不明者は2万人以上……。「想定外」の悲しみを突きつけられた被災者たちの思いの一片を知り、それを共有することは、復興という大きな枠組みで社会が進んでいる今も、私たちに求められることではないだろうか。本書では、被災した人の数だけあるドラマのごく一部を紹介した。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/11/12Posted by ブクログ

      日本に一時帰国したときに、旦那が選んで買った本。
      旦那が読まないので私が代わりに読みました。

      私も阪神淡路大震災を経験した1人ですが、まだその時は小学生だったのであまりよく覚えていません。
      ですが、...

      続きを読む
    • 2012/03/11Posted by ブクログ

      ネットや新聞記事などの拾遺録のような位置付でしょうか。
      伝えたい話、伝わっていく話、まとめて読むと感慨深いですね。

      「PRAY FOR JAPAN」と合わせて並べておきたい、そんな一冊。

    • 2012/05/07Posted by ブクログ

      「電車の中で読んでうるっときた!隣の席のカップルがいちゃついてて台無しだったけど…」と、姉に薦められて借りた本。
      私も電車の中で読んで、たしかに一部うるっときた。

      ……その割に星3と評価が低めなのは...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000200478","price":"572"}]

    セーフモード