魔女は甦る

著:中山七里

665円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    元薬物研究員が勤務地の近くで肉と骨の姿で発見された。埼玉県警の槇畑は捜査を開始。だが会社は二ヶ月前に閉鎖され、社員も行方が知れない。同時に嬰児誘拐と、繁華街での日本刀による無差別殺人が起こった。真面目な研究員は何故、無惨な姿に成り果てたのか。それぞれの事件は繋がりを見せながら、恐怖と驚愕のラストへなだれ込んでいく……。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    35
    5
    3
    4
    11
    3
    20
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/13Posted by ブクログ

      初読み作家さんでした。
      序盤から引き込まれ、一気読み。おもしろかった。登場人物のキャラづけがしっかりされていて、感情移入しやすかった。ジャンルはミステリーというよりホラーものですね。
      結末は、なるほど...

      続きを読む
    • 2019/07/21Posted by ブクログ

      ある青年の死体が発見された。それは、80程も分断された残忍な姿だった。主人公の刑事・槇畑は、相棒の宮篠と共に犯人を追う。
      上司はあの渡瀬。ただ、少しいつもより口調など幾分マイルドに感じた。まだ青さの残...

      続きを読む
    • 2019/02/20Posted by ブクログ

      文章が好き ◯
      作品全体の雰囲気が好き ◯
      内容結末に納得がいった ◯
      また読みたい
      その他 ◯


      こんなに引き込まれた作品は久しぶり!

      長編小説を読む自信を失ってたけど、私まだ大丈夫だ!

      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード