【最新刊】新装版 夜中の薔薇

夜中の薔薇

向田邦子

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    気に入った手袋が見つからなくて、風邪をひくまでやせ我慢を通した22歳の冬以来、“いまだに何かを探している”…… (「手袋をさがす」)。凛として自己主張を貫いてきた半生を率直に語り、人々のありふれた人生を優しい眼差しで掬いあげる名エッセイの数々。突然の死の後も読者を魅了してやまない著者最後のエッセイ集。文字が大きく読みやすく、カバーの絵も美しくなった新装版。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/11
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2020/02/10Posted by ブクログ

      〇木を書かなかったのではなく、書けなかったのだ。(p15)
      ☆育っていくものを朝晩眺める視線が暮らしになかったと書いている。見ていないものは書けない訳だ。この本にもだが、向田邦子さんのエッセイの中には...

      続きを読む
    • 2017/03/09Posted by ブクログ

      5年前「手袋をさがす」を読んで、向田さんが大好きになった。
      痛いところをつかれた、と思った。なんど読み返しても胸のあたりが「うう」と詰まる。もっともっとと上ばかりを見ていた自分。さらに上をいく人に憧れ...

      続きを読む
    • 2006/04/16Posted by ブクログ

      お料理の話が面白いなあ、とか「ベルギーは平べったい国だと書いたが、面白いことにブリュッセルの街は、ゆるやかな坂の街である」や「女は義務と愛情で料理を作る」といった文章を、ふむふむ、やっぱりいい話だなあ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード