【最新刊】測量船

測量船

1冊

著:三好達治

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。無限のイメージを喚起するわずか二行の詩「雪」他を収録の第1詩集『測量船』。「乳母車」「甃のうへ」「鳥語」「獅子」等、日本古典の詩風と西欧象徴詩風が混然と融合し、魅了する全92篇(「測量船拾遺」を含む)。新詩の可能性を追究する若き詩人・達治が“現代抒情詩”を展開させた画期的詩集。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/15
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/09/14Posted by ブクログ

      あ、これ三好達治だったんだ。というのがいくつか。あとがきで国民詩人とかかれていて、短詩系文学に興味がなかった弊害が出ているなと思った。

      萩原朔太郎の影響云々というのはわかるようなわからないような。萩...

      続きを読む
    • 2012/05/06Posted by ブクログ

      詩が、苦手である。
      どう読めばいいのかわからないというより、自分が読んでいるのかわからなくなる。
      平たく言えば、物語のように「読んでいる」実感が湧いてこない。自分が読めていないだけなのかな? とも思う...

      続きを読む
    • 2007/05/30Posted by ブクログ

      三好達治は大好きな詩人の一人。「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。」  この二行詩『雪』はあまりに有名ですね。

    セーフモード