近くて遠い中国語 日本人のカンちがい

著:阿辻哲次

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    中国旅行では、たとえ会話はできなくても筆談すればなんとか通じると、多くの日本人は考える。しかし、現実はそんなに甘くない。日本人が習ってきた漢文と中国語とはまったく別の言葉なのだ。たとえば「小面包」という単語は、漢文の知識では理解不能である。中国語と漢文と日本語との間によこたわる、漢字の違い、単語の違い、用法の違い、文法の違いをやさしく解説し、知っているようで知らないリアルな中国語を紹介。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    4
    5
    0
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/06Posted by ブクログ

      国旅行では、たとえ会話はできなくても筆談すればなんとか通じると、多くの日本人は考える。しかし、現実はそんなに甘くない。日本人が習ってきた漢文と中国語とはまったく別の言葉なのだ。
      中国語と漢文と日本語と...

      続きを読む
    • 2017/06/06Posted by ブクログ

      著者が大学の先生だけあって、当たり前ですが、大学での語学授業に合間に話される
      中国・中国語ネタが満載です。どれも、やはり、アカデミズムっぽく、中国語の成り立ち、日本語との違いなどを、わかり易く説明して...

      続きを読む
    • 2010/09/08Posted by ブクログ

      ・3/26 「とらえどころのない中国人のとらえかた」と一緒に衝動買いしてしまった本.やっぱり中国語にまつわる本はついつい手が出てしまう.中国語という言語そのものの事情だけでなく漢字についての解説や発音...

      続きを読む
    開く

    セーフモード