【最新刊】サブリミナル・マインド 潜在的人間観のゆくえ

サブリミナル・マインド 潜在的人間観のゆくえ

著:下條信輔

880円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人は自分で考えているほど、自分の心の動きをわかっていない。人はしばしば自覚がないままに意志決定をし、自分のとった行動の本当の理由には気づかないでいるのだ。人間科学の研究が進むにつれ、「認知過程の潜在性・自動性」というドグマはますます明確になり、人間の意志決定の自由と責任に関する社会の約束ごとさえくつがえしかねない。潜在的精神を探求する認知・行動・神経科学の進展からうかびあがった新しい人間観とは。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/22
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      無自覚的な心のはたらきをもとに、行動・認知・神経科学的な過程をさまざまな実験結果を引用し説明。わたしたちは自分の行動の理由を説明できるけれど、実は行動に現れる無自覚の認知過程と言語報告に現れる意識的な...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      人は自分のことをよく知っているようで知っていない。
      自由とは何なのか、前提となっている自由意思とはなんなのかというアンチテーゼが非常におもしろかった。
      認知過程の潜在性・自働性がテーマ。

      序 私の中...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      面白い。

      人の行動が潜在的な、本人にとって無意識の認知過程に大きな影響を受けていることを、心理学史上の様々な実験を紹介しながら解き明かしていく。

      密閉したビルの中でネズミを飼うと、ある程度まで増え...

      続きを読む
    開く

    セーフモード