ケルト神話と中世騎士物語 「他界」への旅と冒険

著:田中仁彦

792円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古代ヨーロッパを支配していたケルト人は、文字こそ持たなかったものの、口承によって多くの神話や民話を伝えていた。なかでも、地底や海のかなたの彼岸の世界へと旅する物語群は、キリスト教の伝播とともに変容を重ね、遂には中世の騎士物語へと洗練されていった。ケルト人たちが思い描いていた「他界」とはいかなるもので、それは後世にどう受け継がれているのか。今も残る物語を紹介しながら、ヨーロッパ精神の源へ溯る試みである。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    7
    5
    2
    4
    1
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2009/11/21Posted by ブクログ

      騎士道の華・中世騎士物語とケルトにどんな関わりがあるのか、どっちの世界にも等しく興味と愛を抱いているので非常に興味を持って読んだ。
      冒頭はブルターニュ半島に今も残る「イスの街」の幻想に始まる。キリスト...

      続きを読む
    • 2019/03/21Posted by ブクログ

      ケルト神話とその流れを汲む中世騎士物語を分かりやすく解説している。あらすじも紹介されており、原作を読んだ気になれる。

    • 2019/08/25Posted by ブクログ

      [評価]
      ★★★★☆ 星4つ

      [感想]
      本書はケルト神話自体ではなく、ケルト人の中でケルト神話がどのような存在だったのか、ケルト神話が用意にキリスト教に取り込まれたのは何故か、中世騎士物語の中に残留...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000200044","price":"792"}]

    セーフモード