私はフーイー 沖縄怪談短篇集

著者:恒川光太郎

1,361円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 861(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

日本ホラー小説大賞受賞のデビュー作『夜市』が直木賞候補になり、その後も山本周五郎賞や吉川英治文学新人賞にノミネートされる注目作家である著者が、デビュー前から長らく住んでいる沖縄を題材にした短篇集。在住の作家ならではの、沖縄文化の描写と息遣いにあふれている。怖さと不思議な心地よさが同居する、沖縄幻想譚全7篇。

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(56件)
  • 2013/03/05
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 2020/09/21

    果たして、ふれあい、すれ違った人間は本当に人であったか?果たして、彼は、彼女は……。 沖縄を舞台にした不思議で、不気味で、寂寥感のある物語。恐ろしい目に遭うと言うよりは、怪異に触れる、それとすれ違うと...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2013/05/06

    やっぱり、好きだなぁ。不思議で、不気味で、幻想的な世界。恒川さんの本を読むと、どこか違う世界に連れていかれるようなふわふわとした気持ちにさせられる。最後の2作が好きかな。「月夜の夢の、帰り道」でループ...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード