【最新刊】小説家とカレ【SS付き電子限定版】

小説家とカレ

渡海奈穂 イラスト:穂波ゆきね

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

【電子限定版】2012年にAGFで販売された小冊子「CharaCollection」掲載の番外編、「小説家のカレ」収録。●横暴で尊大、口を開けば悪態ばかりの幼なじみ――小説家の芦原(あしはら)は、そんな高槻(たかつき)にずっと片想いしている。けれど高槻は、昔からなぜか小説を書くことに大反対!!「おまえの小説なんて絶対読まない」と言っては、執筆の邪魔をしにやって来る。それでも時折武骨な優しさを見せる高槻が、芦原は嫌いになれなくて…!?この気持ちを知られたら、きっと傍にいられなくなる――大人同士の不器用な恋!!※本文にイラストは含まれておりません。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

ページ数
270ページ
提供開始日
2013/11/29
連載誌/レーベル
キャラ文庫

レビュー

  • 2012/08/02Posted by ブクログ

    前半高槻(攻)の言動がなんて横暴な言いぐさなんだと理解できなかったけど、独占欲の裏返しだったことがわかり、後半なるほどと思えました。
    でも、横暴なようでいつも気にかけている様子は伺えたし、思いやりのあ...

    続きを読む
  • 2012/10/17Posted by ブクログ

    基本的に、登場人物が小説家とかって、割と好きです。
    なんでかというと、書いていらっしゃる作家先生の生きている世界だからだと思います。

    小説を書かれている方の世界の、広さも狭さも、ぜんぶリアルで、そう...

    続きを読む
  • 2012/08/04Posted by ブクログ

    どんだけ!ガキなんだ!子供か!と何度突っ込んだ事か!面白かったですね♪展開も早いしポンポンと会話も飛んで、最後まで楽しめました。あの当て馬君がちょっと可哀相だなぁ。でもあの時点で自分の気持ちに攻めが気...

    続きを読む
開く

セーフモード