8マン 1巻

原作:平井和正 作画:桑田次郎

330円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    警視庁捜査一課の刑事は49人。7人ずつで7つの班を構成しており、人間そっくりのロボットの8マンは、どの班にも属さない8番目の班の刑事。8マンの秘密を知るただ一人の男・田中捜査一課長の命により、8マンは刑事殺しの真相を追求することに。殺された刑事と生き残った刑事、二人の刑事がつかんだ秘密とは…!?

    続きを読む
    • 8マン 全 7 巻

      未購入巻をまとめて購入

      8マン 全 7 巻

      2,310円(税込)
      23pt獲得

    レビュー

    5
    5
    5
    5
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/12匿名
      60年代のコミック

      60年代のコミックにしては今に持ってきても十分通用する作品だと思う。東西冷戦の真っただ中のアメリカで谷博士がスーパーロボットを開発するところからストーリーが始まるが今でも自同律のロボットは制作不可能だ...

      続きを読む
    • 2018/01/08Posted by ブクログ

      東京警視庁操作一係の刑事は、49人で、7人ずつ7つの班を作っている。しかし、どのグループにも当てはまらない8番目の刑事がいた。その名は8マン。彼は、普段は閑古鳥が鳴く探偵事務所の署長:東八郎だが、裏に...

      続きを読む
    • 2015/05/08匿名
      懐かしいです

      8マンは60年代、東西冷戦の最中に描かれたストーリーで当時はコーフンして読んでいたのですが最終的にどうなるのか読んでませんでした。今の作画に比べると天と地の差がありますが懐かしすぎてセットを買い込みま...

      続きを読む
    開く

    セーフモード