【最新刊】チームつばさ

チーム

吉野万理子/宮尾和孝

916円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東小卓球部をめぐる、部活スポーツ小説の「チーム」シリーズの続編。第5巻に続く新装版書き下ろしの第6巻。おもな登場人物のその後を描く。純高1、ルリ高2、大地高2。それぞれが、進むべき道を迷いつつ、その一歩を踏み出していく短編連作。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/12/10
    出版社
    学研
    ジャンル
    児童文学
    • チーム 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      チーム 全 6 巻

      7,153円(税込)
      71pt獲得

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      シリーズ四作目。
      本作品で語られるのは、自分に何ができるのかということ。

      これもなかなか良かった。
      一作目に引き続き、涙を堪えきれなかった。

      前三作よりラストの盛り上がりに欠けたけど、
      途中、登場...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      シリーズ五作目。完結編。
      舞台は学校の部活からクラブチームへ。
      見据える先も県大会から全日本、そして世界へ。


      本作品で語られるのはシナジー。1+1=3にも4にもなること。
      (もちろんそれだけじゃな...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      卓球部キャプテンの大地は小学校最後の試合のダブルスを5年生の純と組まされることになって気落ちする。そんな大地の元に次々に事件が舞い込む。
      真っ直ぐさが素敵な本でした。相手の事情を汲み取るのは大切だけど...

      続きを読む
    開く

    セーフモード